ミノとハラミ

もろもろ忘れがちなオタクがのちのち己を振り返るために悪あがきでつけている備忘録

国民的アイドルのファンであるということについて

いわゆる飯島班であるところのキスマイ担だが、ここ数日、キスマイの行く末に思いを馳せることはなかった。あくまでキスマイ担の立場から、先輩であるSMAPの行く末を案じていた。
今日になって初めて、担当グループのことをうっすら考えた。ただし、現在どうなってるとか数ヶ月後にどうなるとかいう具体的な心配ではない。もちろん、所属事務所への不信感というのは別途あって、さっきスマスマの生放送を見てからというもの募りに募っているのだが、それもひとまず置いておく。置いておかないと暗澹たる気持ちになるからというのもある。

「国民的アイドルになりたい」と、彼らは言う。
同時に、「『国民的』ってどういうことだろう?」とも口にする。明確な定義はできないけれど、それでもなりたい、目指したいと話す。その視線の先にあるのは、間違いなくSMAPや嵐の背中だろう。
あのさ、国民的っていうのは、お家騒動がおそらくは不倫スクープの対抗馬として満を持してすっぱ抜かれ、テレビもラジオも新聞もネットメディアも連日てんやわんやで、いろんな専門家がそれぞれの立場からマイクの前でもっともらしく語り、経済効果がどうだとかいうニュースになって、思わぬところから温かな激励がバンバン飛び出したりもしつつ、巷ではスタバの新作か何かの話のように「共通の」「当たり障りのない」「流行りの」時事ネタとして数多の人々の口に上り、たとえば彼らのファンを自認している人たちは、職場や学校で交わされるそれらの会話に首を突っ込みたくても突っ込めなかったり、逆に突っ込みたくもないのに解説を求められたりして、そんなふうに日本中がバタバタして、バタバタさせたことをアイドル本人がひとまずテレビの生放送で謝らなければならない。
国民的ってこういうことだ。
彼らは本当に国民的アイドルになりたいのか? わたしたちは国民的アイドルのファンをやりたいのか?
その覚悟が、わたしにあるんだろうか。
10年くらい前、ジャニーズファンでもなんでもなかったわたしは、SMAPのことを「国民的」とかなんとか形容して、あるスマオタの不興を買ったことがある。彼らはポップアイコンなんかじゃない、血の通った男の子たちなんだと。汗水たらす彼らをずっと見てきたのだと。
そういう「わたしの見てきた、わたしの知っている彼ら」と、「日本国民の見ている彼ら」の間に生じる乖離を、なんとかうまいこと調整しながら応援していくことが求められるのだろう、国民的アイドルのファンってやつはきっと。身も蓋もないことを言えばどちらも偶像だ。それでも、他人事じゃなく我が事として見守ってきたファンにはそれなりの自負がある。
「芸能人を応援する」「芸能人のファンとして生活する」ということの楽しさを教えてくれたのは今の担当だった。ジャニーズ事務所のアイドルだった。彼と仲間たちが、世間にもっともっと認知され愛されることを望んでいるはずだった。
今、わたしはアイドルのファンをやっていくことが少し怖い。

いち北山担が2015年を振り返る

「北山くんにとって」でも「全ての北山担にとって」でもなく、あくまで「しがない北山担の一人であるわたしにとって」、どんな1年だったかを時系列で振り返ってみる。わたし自身は個人担ではなくグループ至上主義ですが、この記事では、「北山担のわたし」として書き留めておきたいことがない限り、キスマイ本体の活動(イベント開催、シングル発売など)は割愛しています。

続きを読む

CLUB SLAZY The 4th invitation ~Topaz~ ネタバレ備忘録

www.clie.asia

本日、大千穐楽おめでとうございます! お疲れ様でした。東京公演を5回ほど観ました。
わたしは2013年の2nd、2014年の3rd、そして今春のLUV SLAZY2(派生ライブ)をそれぞれ1回ずつ観た程度のライトなSLAZYファンなのですが、4thがすごかったので、いまさらながら書き残しておきたい。こっちで書いたけど2015年のベストです。
harami.hatenablog.com


都会の片隅にひっそりと佇むメンズキャバレー、「Club SLAZY」。来店を許可する招待状「ガーネットカード」を受け取ることができるのは、悩みや哀しみを抱えた女性のみ。店を出る頃には、彼女の重い足跡、深い哀しみとともに、一夜の記憶も消されていく――。
何しろ舞台が(本来の意味の)キャバレーなので、「歌ったり踊ったりのてんこ盛り」*1の作品であり、「美しい男たちがあなたのために歌い踊る、きらびやかなショーステージ」と宣伝される。ともすれば、そのイメージだけが先行しがちで、ちょっともったいない。これは、シリーズ皆勤賞のメインキャスト・米原さんが度々口にしていることでもある。
全くもって間違いではないのだ。ハイクオリティーな楽曲と華やかなパフォーマンスは、それだけでショーとして充分に楽しめる。ランウェイ*2や通路でのファンサービスも抜かりない。一昨年わたしが初めて足を運んだのも、歌とダンスを観てみたい気持ちからだった。様々なタイプのイケメンたちが選ばれし女性客のために歌い踊ってくれるステージを、ジャニオタが嫌うわけがなかろう。
しかし、その素晴らしいショーのパフォーマーはあくまで作中のキャラクターであり、わたしたちはディリーダリーストリート24-7番地に佇む「Club SLAZY」を訪れた女性客である。文字通り「ここはSLAZY」*3なのだ。舞台上の彼らは、最後まで役を脱がない。カーテンコールで、センターに立つトップエースは必ずこう言う。「本日のご来店、誠にありがとうございました」。
ステージで歌い踊る彼らをよく見れば、キャラクター設定の通り、仲の悪い二人はいがみあい、仲の良い二人は楽しげに笑みを交わし、後輩が先輩を盛り立て、先輩が後輩を叱っている。ショーが芝居の筋から独立していない。といって、歌によって筋を進めていくブックミュージカルとは違う。そこがこのシリーズの面白いところだ。

SLAZYは一種のバックステージものだ。美しいパフォーマーたちはみな、欠陥だらけで謎だらけ。そもそも店の仕組みだってよくわからない。意味深長なセリフのオンパレード。シリーズを重ねるごとに明かされる真実もあれば、増していく疑惑もあって、考察好きのオタク心をくすぐる作りになっている。一方で、シリーズ初見でも楽しめる工夫はされている。前述の通りわたしもライトファンだし、同行の友人も過去作は未見だったが今回でドはまりしていた。考察に精を出さなくとも、「はいはいミステリアスミステリアス」程度で流したって罰は当たらない。
全ての登場人物に物語がある。それぞれの物語を理解した上で振り返ると、同じシーン・同じ曲・同じセリフが別のメッセージを放ち始める。それらが舞台演劇にしかできない方法で巧みに表現されている。だから何度でも劇場で観たくなる。4thのこの感じ、個人的には『愛の唄を歌おう』以来の体験でした。
harami.hatenablog.com
余談ですが、愛唄が好きな人は多分SLAZY好きだよ……特にジャニオタは……。クラブのパフォーマーがソロステージを許される「Lazy」と見習いである「NewJack」に分かれてるんだけど、要するにデビュー組とJr.だから……。今回の4thなんか、先輩のソロのバックに選ばれる選ばれないとか、相方を蹴落としてデビューするしないとかでJr.のシンメが揉めたり、デビューできずに諦めて辞めていく子もいれば、ジャニーおじいちゃんの気まぐれで急にデビューさせられる子もいたりするんだよ……。


以下ネタバレ込みの4th見どころメモですが、観てない人にはなんのこっちゃだし観た人はそんなん知っとるわだし、公演終了してあとはDVDを待つのみなので誰の役にも立たないんだけど、わたしが忘れたくないので残します。

*1:4th劇中のセリフ

*2:4thでは設置されなかった

*3:テーマソングのサビの歌詞

続きを読む