ミノとハラミ

もろもろ忘れがちなオタクがのちのち己を振り返るために悪あがきでつけている備忘録

2018年1月1日の現在位置(まとめのまとめ)

harami.hatenablog.com
取り急ぎ記録して定量的に振り返ったのが上の記事なんですが、対してもっと定性的な変化とか、そもそもこれを書いているわたしがいわゆる何クラスタなのかみたいなことをあんまり掲げてこなかったので、ここらで現在のポジションとステータスを確認しておこうかな というのがこの記事です。年内に公開するつもりが年を越した。

Kis-My-Ft2のこと

北山担6年目。デビュー後のオタク=永遠の新規という自認はそれこそ永遠に拭えないけど、気づけばキスマイもデビュー前よりデビュー後のほうが長くなっていた。


なので、デビューを境に紀元前後みたいな分け方すんのもさすがに乱暴だな……と思うようになった2017年でした。デビューまでの6年間にも様々なできごとがあり、デビューしてからもそりゃもういろんな変化があった。
事務所が彼らをどうしたいのか、そもそも興味があるのかないのかいまいちわかんないけど、適度にほっとかれるほうが楽なのかもしんないなあ。Y&J遺族という言い回しがありましたが、今のわたしはさしずめ飯島班遺族といったところです。タレントとしてのキスマイはともかく、アーティストとしてのキスマイはavexスタッフも含めたチームであり、彼らからは自信とサービス精神を感じるので、信頼してついていくことができる。ただ、17年のアルバムとツアーはややちぐはぐに感じるところもあった。メンバーが1人1曲プロデュースしたという触れ込みに対して、種明かしがいまだにされていなかったり、ツアーパンフでライブ演出について語っておきながら披露しない曲があったり。当初の計画から変更があったのかもしれないけど、帳尻どうにか合わせてくれたらなー、難しかったのかなー。このあたりは消化不良のまま年を越すことになりました。
キスマイの2018年は昨年のライブツアーDVD/BD発売と、舞祭組のツアーから始まるわけですが、その後どう出るか。ツアーは4大ドームに戻るのか、それとも? レギュラー番組の先行きも気にかかるところです。舞祭組だけでなく、キスマイにもわっ!と驚きたいなあ。

Love-tuneのこと

2016年5月時点の「Love-tuneとわたし」がこれで、
harami.hatenablog.com
2017年10月時点の「Love-tuneとわたし」がこれです。
ongakubun.com
キスマイに抱いている感情と比較する気がないので、担降りとか担増しとかいう言葉は相変わらず現実味を帯びないんだけど、Zeppでは担当じゃないグループのライブにお邪魔した時に覚える疎外感みたいなものがなく、Love-tuneのファンとして Love-tuneのライブにいたので、ああわたしにとってこのグループは他人事じゃないんだなと悟りました。正面から見届けたい。湾岸さっそく外れたけど。
16年5月のクリエ初日、バックもつけずに4人でやり抜いたあの夜を最後に、次の公演からLove-tuneは7人体制へと移行していった。7人のLove-tuneが主役の公演を観るのは、17年10月のZeppが初めてでした。7人になってよかったな、と改めて感じた。バンドもダンスもコーラスも表現に幅が出たし、チームとしても俄然面白くなってきた。楽器をやるグループって必ず、楽器の特性がメンバーの特性とリンクするものだ。ドラマーが一歩引いて全体を俯瞰できるようになったりだとか。メンバー同士の関係も、たとえばギターの真田くんとベースの美勇人くんはすっかりバディらしくなり、安井くんと顕嵐くんの間にも、ボーカルとして他の組み合わせにはないリレーションが見えてきた。
Zeppは大人の労力と予算が相応に割かれた、すごくちゃんとした3days公演だった。このタイミングで、ジャニーズJr.の中のひとつのグループであるLove-tuneが、ライブハウスで単独公演を打った意味。それが何なのか、断言できることなんて今はないけれど、いずれ振り返って語れる時が来ればいいなと思う。
16年も17年もそれぞれ別のお知り合いがえびのチケットを回してくださって大変ありがたかった……。えびコン楽しかった。18年、キスマイについてくれたら嬉しいんだけどなー。13年のスノドに萩安がついたのが最後かな。懐かしい。

Club SLAZYとかALTAR BOYZとかメサイアとか

……のことを書こうと思ってたんだけど、カウコンからの帝劇で頭がジャニーズモードなので、あとで書きたくなったら追記します。

そのほか

そういえば2017年は関ジャニ∞のファンクラブに入った年でもありました。2014年の暮れからこっち、気づいたらドームに3年連続で誘ってもらっていて、毎年やたらと楽しかったので、これからも行きたいな~と思って。自力でチケットをとる手段としてのファンクラブ入会。なんだか志がいまいちで申し訳ない。好きなメンバーは大倉くんを登録しています。半分は本人を好ましく思う気持ち、もう半分は北山くんをこれからもよろしく頼むぜ……の気持ちです。カウコンのファンタスティポかわいかった。
あとSexy Zoneのコンサートがすごくよくて、もともと好きだった菊池くんの株がますます上がり、ドラマ『吾輩の部屋である』も大変エンジョイしました。『ぎゅっと』もかわいいよねえ。担当がうらやましくなる仕事ぶりだった。

現場まとめ2017

ALTAR BOYZ
メサイア -暁乃刻-
THE CONVOY SHOW vol.32 asiapan
ジャニーズJr.祭り
ジャニーズ大運動会 2017
  • 4/16(日)13:00 東京ドーム
Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 ~ STAGE
Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM
あんちゃん
CLIE Summer Festival 2017
  • 7/5(水)19:45 Club SLAZY トークイベント シアターGロッソ
A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour
YK FES 2017
関ジャニ's エイターテインメント ジャム
  • 8/15(火)18:30 東京ドーム
Summer Paradise 2017
  • 8/24(木)17:00 橋本ソロ充観とく? ~りょうちゃんと ぱ☆り☆ぴ☆~ TOKYO DOME CITY HALL
メサイア -悠久乃刻-
JOHNNY'S YOU&ME IsLAND
  • 9/9(土)12:00 帝国劇場
Love-tune Live 2017
Club SLAZY Extra invitation ~Malachite~ 386勤労感謝祭
  • 10/31(火)10:30 vol.1 ユーロライブ
何者
メサイア -TALK MISSION '17-
  • 12/16(土)13:00 ニッショーホール
  • 12/16(土)15:30 ニッショーホール
ジャニーズカウントダウン 2017-2018
  • 12/31(日)23:00 東京ドーム


「1回くらい観ておきたい」「観ておいたほうがいい気がする」という、経験値を上げたいだけだったり義務感が働いていたりする現場は極力切り捨てて、公演数を意識的にセーブした2017年でした。予算を理由にあきらめることはしたくないけど、ぶっちゃけ薄給の身で分不相応なチケットの取り方もしたくないので、来年も絶対に観ると決めたものに集中したい。そしてもうちょっと減らしたい……。
後悔してるのはアルターのLEGACY公演に行かなかったことと、メサイア暁を1回しか観なかったことです。ライブ初日厨のキスマイ担ラブ推しなので、キスマイとはしパラとラブZeppの各初日を無事に自力でとれたのは嬉しかった。ラブトゥーンのクリエは訳あって手放してしまい、キントレと湾岸はかすりもしなかったんですが、自分の行かなかった公演のことは忘れられる都合のいい脳なので、ラブがらみはあんまりひきずってません。Zeppだけでもお釣りがくる。10/18が今年のベストステージでした。
あんちゃんの初日に入れたのはたまたまですが(芝居の初日にはさほどこだわりがない)、開場前にロビーでぼんやりしていたら係のお姉さんに入場列の先頭へ誘導されてしまい、トップバッターで足を踏み入れるはめになりました。誰もいない客席から見た細やかなセット、あの景色はしばらく忘れられそうにない。初のストレートプレイ、初の単独主演おめでとうございました。いまさら書く感想もないのですが(やっぱり都度メモしておかないとだめだ……)、とてもよかった。
キスマイのアリーナツアーは平日と遠方を避けたらこうなった。追加でドーム公演があると思い込んでたから消化不良だけど、行きたいところは行けました。むしろ行き過ぎたかなと思っているくらい。いずれキスマイが札幌ドームにチャレンジする時が来たら万難を排して飛ぶ。
今年いちばん多く観た人は森田美勇人くんでした。トラジャとしてキスマイについていた分、他のラブトゥーンメンバーより少し多かった。2017年もよく働いたねみゅーさん……。
2018年の現場は元日のジャニアイから始まります。カウコンからの帝劇って初めてなので楽しみ。いま思いっきり風邪ひいてるので気合いで治す。

キスマイのトークでずっとムカついていることがある

っていう話をします。


これは今年の静岡公演で男性ファンに対して「同性愛ってこと!?」と言って笑いをとろうとしていた件を受けてのツイートだけど、別に今に始まったことではない。キスマイ担に、北山担になってからずっと引っかかってるし、ずっと怒ってるしずっと失望してる。

男性ファン=同性愛に直結する思考回路の単純さがまずおめでたいし(同性愛とは限りません)、もし冗談のつもりで口にしているならセンスがクソオブクソだから今すぐ改めてほしい(同性愛だったら何か悪いことでもあるんですか?)。
ジャニーズの男性アイドルが、基本的にヘテロの文脈で女性を相手に仕事をしていることは承知しています。それでも、男性アイドルを相手に疑似恋愛している男性ファンがいたっていいし、逆に恋愛感情を抜きに男性アイドルを応援している女性ファンがいたっていい*1。もちろん、恋愛感情を抜きに男性アイドルを応援している男性ファンがいても当然のことです。それらの姿勢や態度はファンに許された自由です。だいたい、疑似恋愛だけを想定していたら、君たちアイドルの大好きな「ママに連れてこられたちびっこ」や「孫をかわいがるような目で見てくれるおばあちゃん」はどうなるの?
……というようなことを言うと、「いやいや屁理屈でしょ、いろんなファンがいることはわかってるけど、全てを例示して個別対応なんてしてられませんから」と返ってくるかもしれません。もちろん、一度に大勢の人間とコミュニケーションを取るにあたって、目に見える相手の属性を根拠にある程度カテゴライズして、集合体と見なして対処せざるを得ない場面があるのはわかります。ファンのほうだってそれを承知で、アイドルの望むファン像を演じるくらいのことはできます。でも、そういうふうにざっくりまとめて貼るにはふさわしくないレッテルだってある。他人のセクシュアリティを決めてかかることも、それを嘲笑することも、ステージの上でやっていいはずがない。前述の通り、男性ファンがみんな同性愛者だと本気で思ってるならあまりにもおめでたいし、逆にそんなわけがないと決め込んで冗談のつもりで口にしているならなおさら悪い、ギャグセンスもコモンセンスもない。どの口が国民的アイドルになりたいなんて言うんだよ。

わたしは確かにアイドルのことが大好きだけど、わたしとアイドルの関わり方を、アイドルの側から一方的に決めてもらいたくはありません。ジェンダーセクシュアリティ、その他あらゆる属性にかかわらず、ファン一人ひとりにアイドルとの関わり方、向き合い方がある。それらを尊重してほしい。会場に1人のアイドルと1万人のファンがいたら、そこには1対1万の関係じゃなく、1対1の関係が1万通り存在するんです。実際に1万通りの対応をしろって言ってるんじゃない。ただ、リア恋タイプに見える女の子のファンに甘いセリフを囁く時も、いかにも連れてこられたお父さん風の男性をイジる時も、常にそのことを頭の片隅に置いておいてほしいだけ。

ホモフォビア的な発言は特に、比較的声の大きな北山くん二階堂くん千賀くんあたりが無頓着に垂れ流しがちで*2、たまにやんわりフォローを(彼らに対してではなく場をとりなす方向で)入れてくれるのが宮田くんなんですが、宮田くんでも他の子でも、気づいているメンバーがいるならもっと強く出ていい、出るべきだと思う。
宮田くんは以前Myojoの1万字インタビュー*3で、「キスマイの笑いは誰かを傷つけている。それはキスマイの弱点かもしれない。だから最近は意識している」という趣旨のことを話していた*4。彼はキスマイの笑いのために自身がイジられる役割を担ってきたし、あとはオタクカルチャーの中にいると、ジェンダーセクシュアリティの問題にも必ず出くわすと思うんだよね。だからキスマイの笑いの持つ攻撃性に最も敏感なんだろうけど、一方で「平和主義者で争いごとは嫌い。ぶつかりあうのはイヤ。揉めたり喧嘩したりして生まれるものもあるのかもしれないけど、お互いがそんな気持ちになるのは悲しいだけだから、『それってどうなの?』『こうすべき』と攻めていくようなことはしたくない*5」人でもあるわけです。でもさあ、君らが内輪で揉めて傷つくことより、君らが何万人を傷つけるかもしれないことのほうがよっぽどおおごとだよ。キスマイってそういう立場じゃないですか既に。外から言われる前に、内から変わってほしいなあ。

わたしが(おそらく)人並み以上にムカついているのは、わたしが北山担だからです。よりにもよって、MCであり最年長であり、グループのスポークスマンの役割を務めることも多い彼が、この点において最も軽率だから。昭和の男と呼ばれて久しい北山くんだけど、彼が早急に平成へアップデートしなければならないものがあるとすれば、唯一このへんの感覚だと思う。メンバーのいる場ならまだいいよ。でも北山くんは、一人で外へ出ていって喋りたい人、それどころか、あらゆるバックボーンを持つ人々からトークを引き出す立場になりたい人なんでしょう? 外じゃ誰もフォローしてくれないよ。
他者を軽率に揶揄すること、あるいは執拗に攻撃することで笑いをとろうとする姿勢は、他の美点でカバーできる欠点だとはわたしは思わない。「短所も裏を返せば長所」みたいな類のものじゃなく、わたしにとっては絶対的に嫌悪と軽蔑の対象で、だけどわたしは北山くんという人そのもののことは天地がひっくり返っても憎めないので、アンビバレンツでずっとしんどい。いつか彼から降りる日が来るとすれば、多分このへんがトリガーだと思っています。やだやだ降りたくない、わたしはあなたを尊敬していたいんだよ。頼むからこれ以上がっかりさせないでくれ。

*1:セクシュアリティにかかわらず。恋愛対象が男性であっても、男性アイドルをそういうつもりで見ていない人はいくらでもいるでしょう

*2:キスマイが千賀くんにオネエキャラをやらせようとしているのが、この問題を一層めんどくさくしている……

*3:2016年8月号

*4:ジャニーズWESTの淳太くんと二人で食事をした際に、彼が「誰も傷つけない笑いをとらなきゃダメだと思ってる」と話すのを聞いて気づいたとのこと

*5:今年のツアーパンフレットより要約