読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノとハラミ

もろもろ忘れがちなオタクがのちのち己を振り返るために悪あがきでつけている備忘録

みんなで手を繋げば想いは繋がっていくのか(KIS-MY-WORLDのネタバレを含みます)

本編ラスト、KISS&PEACEの演出の話。


初日を終えての個人的な感想は以下です。


これは今回に限った話ではなく、この手の演出に対するスタンスは(たとえばエイトコンでも)だいたい同じ。

嫌だとしたらどのへんが嫌なんだろうなあ、と、自分のことも含めて(わたしも決して進んでやりたいわけではないので……)、ちょっと考えてみる。


他人と身体的な接触を持ちたくない

こればっかりは説得する術がない。わたしが良くてもあなたが嫌なら仕方がない。

双眼鏡が覗けない

自担の一挙手一投足を何ひとつ見逃したくない。ちょうど上空を飛んでるから、たとえアリーナでも双眼鏡を構えたいタイミングではある。

チープな宗教っぽくてサムい

私事ですが、営業部で働いていた頃、朝礼やキックオフでたまにやらされる掛け声(「今日も一日がんばるぞ!オー!」って拳を突き上げるようなやつ)、ほんっとーに嫌いだった。社訓やら何やらを暗唱する会社もあるよね、あれだよあの感じだよ。帰属意識のないコミュニティーに無理やり取り込まれること、実効性のあるんだかないんだかわからん呪文を唱えさせられることへの嫌悪。

会場の一体感は強要するものではない

相応の曲を相応の演出で見せられれば、自然と醸成されるものである、という意見。若者たちとかテンションとか、具体的な曲名を挙げたツイートもいくつか見かけた。
なおわたしの場合、振りもC&Rも要求されないのに、おまけに北山担なので後半は自担が不在だったにもかかわらずw、「アイドルのコンサートって祝祭空間だなあ、今ここにいられて幸せだなあ……」ってしみじみ感動したの、去年はツバサだったんだよね……。一体感とはまた別の話か。いや、だから極論、同じ曲でみんながみんな同じように感じるわけでも、そもそも同じものを見てるわけでもないんだよねっていう。テンションで盛り上がらない人は盛り上がらないし、ツバサで泣かない人は泣かない(笑)。

コンサートにおけるふるまいをタレントに強制されたくない

ここのボーダーは人によって違う気がする。たとえばわたしは「双眼鏡ばかり見ないで」「銀テープばかり追わずに僕たちを見て」というタレントからの言及が嫌いだ。自担にイラッとさせられることなんて山程あるが、双眼鏡いじりと銀テいじりは確実にワースト5に入る。でも、「ペンライトの色替えて」「声出して」「(双眼鏡を置いて)一緒に踊って」と、演出への参加、ムードの醸成を促されることは嫌いじゃない、割と楽しい。そのOKとNGのボーダーラインが何によって引かれているのか、自分でもいまいちよくわかっていない。なお、言われて嫌じゃないかどうかと、実際に従うかどうかはまた別の話です。

作品を外側から観たいのであって、内側に入って作りたいのではない

「コンサートは観客がいて初めて成立する」「みんなで一緒にコンサートを作り上げたい」という思いは当然、タレント側のほうに強くあると思う。一方のファンは、「お金を払って良いものを見せてもらいにきました」という受け身の意識を必ず持ってるからなあ、人それぞれ濃淡はあれど。いくら「単なるお客様ではなくタレントを支えるファンなのだから、主体性を持って協力してほしい」と言われたところで、実際に「お客様」であることは事実だもん。ライブハウスならまだしも、ドームにまでなると特に*1
ところでわたしはコンサート事務局の用いる「応援」という表現がどうしてもしっくりこないんだけど、おそらくそういう話です。個人的には前述の通り、ペンラやC&Rで作品づくりに参加することは嫌いじゃないけど、「応援うちわ」……、応援……? という違和感が拭えない。



あとは、「タレント対ファン5万人」と見るか、「(タレント対ファン1人)×5万通り」と見るか、意識の食い違いがあるのかもしれない、タレントとファンの間に。アイドルのコンサートであればなおさら、あの広いドームが「大好きな○○くんとわたし」の1対1の空間であったりもするわけじゃん、ファンにとっては。アイドルが「みんな」と呼ぶ5万人、そこには5万通りのアイドルとの向き合い方がある。もちろんアイドルだってわかってくれてる、わかろうとはしてくれてるけど、両者の間にはやっぱりどうしようもなく深い溝がある。誰が悪いわけでもなく、芸能って多分そういうものだ。



グループ本体ではなくあくまで今回のアルバムとツアーについてきた演出と捉えてるので、「キスマイもついに……」という衝撃はあまり感じなかった*2。今回のアルバムとツアーというか、もっと言うとKISS&PEACEという1曲のみについてきたもののような気もする*3。だって、ツアーロゴがピースマークである割には、良くも悪くも、全体の構成にラブアンドピース的なコンセプトが貫かれてるわけじゃないから……。いや、良くはないなwだからとってつけたように感じるんだよなw



ここまで書いてから後悔してるんだけど、あれこれ考えないほうが楽しめるよね……。オーラス終わってからにすればよかったw 福岡と東京、楽しめるかな~、楽しめるといいな。

*1:会場のサイズと人数という意味でも、ドームでコンサートをするようなタレントになるとファンもいわゆるコア層ばかりじゃないよねっていう意味でも

*2:これはわたしが新規だからかもしれない。なので「そういうキャラじゃねえだろ!」という項目が上記にないんですね

*3:大阪公演では、Wアンコール後の挨拶でも再度、手を繋ぐことを促していましたが。福岡あたりからなくなった