読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノとハラミ

もろもろ忘れがちなオタクがのちのち己を振り返るために悪あがきでつけている備忘録

Hey!Say!JUMP 全国へJUMPツアー2013 5/11 18:00 東京ドーム

コンサート

ジャニワ感謝祭でJUMPの盛り上がりを体感して、JUMPコン行ってみたいな〜と思ったもののタイミングを逃して申し込みそびれていたのですが、えびコンで薮様の営業活動にあった勢いでチケットを買ったのが公演11日前。感謝祭が文字通りの見切れ席だった反動で、ドームサイズのセットと9人の美しいフォーメーションをきちんと視界に入れたかったので、遠くてもいいから全体を見渡せる席が欲しい! と念じながら敢えて一般で購入したら*12階席前方正面がきてガッツポーズしたんですが、いざ当日を迎えてみたら例のスカイステージがあれでそれでえらいことになりました。
例によってレポートらしいレポートは書けないので、当日のツイートを拾ったものに加筆してまとめておきます。MCやゲストや東京ドーム限定っぽい演出については上のほう、ツアーのネタバレになりうるものは下のほう。えびは新曲の衣装や振りにも触れてます。時系列はめちゃくちゃです。

MCのこと

  • 薮ちゃんが終始ごきげんで若干手をつけられない感じだった。最近のお気に入りギャグは「いつやるの? 今はやりませ〜ん」と「今やるの? いつでしょ!」なんですね。かわいい。
  • ギャグを言った後、「ドヤドヤドヤドヤドヤドヤァ」って口に出してドヤる薮ちゃん。めんどくさい。
  • 隣の高木くんに絡みたくて仕方がない薮ちゃん。若干の戸惑いを見せつつもくっつかれるがままの高木くん。有岡「そこ付き合ってるの?」
  • 薮くんがくだらないギャグかましてドヤるたびに「みんな甘い! みんながキャーっていうから調子に乗るんだよ!」と言いつつ、「今やるの?」って振ってあげる有岡くんやさしいね;; 「今のは大ちゃんが悪い! バカ!」って叱られる有岡くん。叱ってたの誰だっけ……9人が一斉に喋るから追いつけない! だいたい薮・八乙女・有岡の誰かが回してる感じではあったけど、思ってたよりみんなフリーに喋るんだな〜って印象でした。あちこちからツッコミが飛んで楽しい。
  • 誰かが「スペシャルジャンピングシート」連呼した後に「スーパージャンピングシートね……」って冷静に訂正してた(けど拾われなかった)の圭人くんだったっけな……。違ったらごめんな……。
  • ヤンヤンJUMP収録時の薮くんの天然エピソードを披露する八乙女くん。「自分で語るの恥ずかしいから光が言って><」っていう薮くんと、「薮の天然久し振りに見たわ〜」ってしみじみする八乙女くん。熟年ほのぼの。
  • お誕生日祝いでハッピーバースデーを歌ってもらった後、「20歳になったらもっと(背が)大きくなってると思ってた……」とぼやく山田くん(20歳・164cm)に、知念くん(19歳・159cm)が笑顔ですっと歩み寄り、東京の街を模したセットを指差すと「見て、スカイツリーも東京タワーもいつもより小さく見えるよ。大きくなった気分になれるでしょ?」というような趣旨のことを言ってなだめており、彼は既に悟りを開いているのだなと思った。知念様かっこよかった。

セクゾンのこと

  • セクゾンFC発足式はBESTメンバーからセクゾンメンバーへ直筆でサインやメッセージの書かれた色紙のプレゼント。薮→中島、高木→菊池、八乙女→佐藤、伊野尾→松島、有岡→マリウス。
  • マリウスが大ちゃんよりおっきい……おっきいね……と客席の一部がざわついてたけど、だいぶ前からだよ! しかし本当に伸びたね……。
  • 発足式の最後に円陣を組む……というか5人で手を合わせる直前、「松島はなんでへっぴり腰なんだよ!w」と風磨につっこまれ、手を合わせた直後には両手を広げておどけたポーズで飛びのく聡ちゃんがかわいかった。
  • リアセクにしろレディダイにしろセクサマにしろ、コンパクトな陣形で踊っていたせいか、バックにセクボがいないせいか、シンプルながら久し振りに「5人のセクゾン」感があってわたしは好きでした。ギュッとつまってる感じ。
  • リアセクのラストだったか、勝利くんにふまけんが左右からぎゅぎゅっと近づいて、風磨が勝利くんのほっぺにチューしてた。おのれ風磨。風磨&勝利の組み合わせはすごく男の子っぽくて男子校みたいで好きなんだけど、こういう絡みもするんだなあ。

えびのこと

  • Walking on Cloudsは爽やか! 衣装も白ベースのスーツに文字や模様が散ってる感じだったかな? 折り返した襟がそれぞれのメンバーカラーなんだけど、うすーいパステルカラーでかわいい。「雲の上を歩く」っていうモチーフで、途中5人で横1列にぎゅっとくっついてステップ踏むとこで2番目と4番目にいるふみとつの足が! 浮くの! 空中でステップ踏むの! かっわいかったーーーー!!
  • My Lifeはちょっぴりラテン調なダンス曲。衣装は赤と黒。過去のシングルもそうだけど、A面で幸福感に満ちたエンタテインメントを見せておいて、B面ではクールにストイックに踊ってみせるところとても好きです。ハッシーのセクシーな仕草にドームが沸いてた。

その他わちゃわちゃのこと

  • 風磨は今日も*2塚ちゃんに飛びついておんぶしてもらってた。
  • 2階から見下ろすドームはまるでジオラマみたいで、序盤で既にJUMPとえびとセクゾンとJr.が広いセットのあっちこっち好き勝手わーわー駆け回っており、とてもじゃないけど追いきれなくて、わたしの見てないところで何か素敵なことが起こってるんだろ……楽しいけどいっそしんどい……みたいな我ながらめんどくさい気持ちになっていた。とりあえず塚ちゃんだけは金ピカでぴょんぴょんしてるから遠目にもすぐわかる。
  • トロッコでカモナマイハウスを踊る河合くん。
  • 諸星くんとジェシーくんが遊びにきてた。アンコールでは私服のまま舞台に上げられちょっかいをかけられ駆けずり回り汽車に乗り。

スカイステージのこと

  • 本来のわたしの席は2階4列だったんですが、当日になって1〜10列が潰されて11列以降に振り替えられました*3。で、バルコニー席と2階席の間にぐるっと花道のようなものが設置されており、なんだなんだ? と思っていたら花道どころの話じゃなかった。ステージだった。
  • 移動しつつ何曲かやってくれたけど、その場にとどまって頭からお尻までまるっと1曲やってくれたのがまさかの僕はVampireで腰が抜けた。9人横並びであのダンス……。あまりの眩しさに(文字通り衣装がキラキラだったせいもあるけど)目が潰れるかと思った。
  • モニタ含め、下の席からどう見えていたのかわからないけど、もしろくに見えていなかったのだとしたら、このキラーチューンここでやっちゃってよかったんかな……というのは頭をよぎった。つってもコンサートでどの曲が近くで見られるか、どのメンバーが近くで見られるかは、運でしかないからなあ……。限られた時間の中で、なるべくいろんなところに散ろう、顔を見せよう、そばで歌おうとして、広いドームを所狭しと駆け回るメンバーの気概は、それこそ1階全体を見下ろしていた2階席からはよくわかったので、「じゃあ上にも行きたい! 行こう!」って考えるのは、メンバーにとっては自然の流れだったんだろうなって気がした。
  • スカイステージのJUMPがセンターステージのえびに振ると同時に照明が切り替わって……みたいな、高さを活かしたダイナミックな演出ができるのも面白かった。
  • 1階河合「伊野尾ちゃん元気ー?」 2階伊野尾「え?(間)なに?」 河合「いのーちゃん元気ー?」 伊野尾「え〜?(間)なぁに??」 河合「あーいたいた」 っていう数十メートルの距離で交わされる意味のない会話がかわいかった。いのちゃんのゆるふわは世界を救うね。

アンコールのこと

  • えび、ふまけんしょり、さらに優馬くんまでスカイステージに登場していよいよ目が潰れる。目の前で繰り広げられる光景に「なんだこれ……」って3回くらい口に出した。ぼっちなのに。
  • NYCが人前で歌い踊るところを初めて見ました。NYCで企画を考えてるようなことを山田くんが言ってたよ。近いうちに動きがあるといいねえ……。初めて間近で見る優馬くんは想像よりずっと華奢で可憐だった。少年っぽい。
  • ステージといっても奥行きがほとんどない中で、河合「やるよ! ここでファイブスターのポーズやっちゃうよ!」って若干窮屈そうにむぎゅむぎゅっとポーズをとるえびかわいかったです。
  • テンション上がっちゃった健人くんと圭人くんが背中合わせで激しく踊り始めた時、正月に横アリのゴンドラから落ちそうになってた健人くんを思い出してちょっとハラハラした。楽しげな二人を隣で見ていた戸塚さんが絡みたそうに逆隣の知念くんに視線を向けるも意図は通じず。……というふうに見えました。気のせいかもしれない。
  • 個人的に、先日のえびコンで唯一トロッコが目の前にこなかった戸塚さんを、JUMPコンでガン見できるとは思っていませんでした。しかも結構ファンサしてくれてた。ごきげんだった。
  • JUMP曲を隣の山田くんのことチラッチラ見ながら真似して踊るハッシーのかわいさプライスレス。5starsを楽しそうに踊る健人くんもプライスレス。他グループの曲を踊るジャニーズはぎこちなくてもやたらスムーズでもどっちも本当にかわいい。
  • このメンツでSUMMARYやってくれたの嬉しかった!

JUMPのこと

  • セットめっちゃかわいかったよ〜街と家と線路と汽車と! まさにカモナマイハウス! カラフルでドリーミーでたまらない。汽車ぽっぽから煙がもくもく出る。メルヘンか! JUMPこういうの本当によく似合う。テーマパークっぽくて楽しい。
  • センステから放射状に9つの舞台が伸びてるの、上から見てて美しかった。
  • 序盤の超個人的ハイライトは、勇気100%で萩安シンメを従えて踊る有岡くんという超俺得フォーメーションです。
  • BEST『スクールデイズ』で衣装のTシャツに書いてあった文字: 有岡「180cm」 高木「高学歴」 伊野尾「モテたい」 八乙女「足速い」 薮「日焼け」
  • 7のうさみみしっぽ衣装は反則だね……。
  • ガンバレッツゴー「ずっとそばで感じてた〜」のところで圭人くんにぐいぐい迫る山田くん。押される圭人くん。
  • 山田くんがね、ファンがキャーって沸くだろうなっていうお決まりの箇所(例:スパデリのゆとやま、「ありがとう」〜の“We are JUMP”)の直前なんかに、既にドヤってたり笑っちゃってたりすることが多い気がして、まあそりゃわかってるよね……こっちもわかってるけどそれでも見るたび沸いちゃうんだよね……。美しき予定調和だね。
  • スパデリはセンステで。センステ狭いんだけど、ピカピカの白いステージに白いスーツ姿の9人の像が反射して、万華鏡っぽさが増しててすごくかっこよかった。
  • BESTの新曲『スクランブル』の作詞をした薮くん曰く「俺が失恋したんじゃなくて、俺の頭の中の俺が失恋しました」。衣装は黒ベースに蛍光グリーン。イントロで暗闇にグリーンが浮かび上がった時、一瞬A.B.C-Z(曲のほう)かと思ってすまんかった。全然違った。衣装のデザインは光くんによるものだそうです。かっこよかったよ! あれ好きだなー。シルエットは私服風だけどド蛍光色っていう。モチーフは同じなんだけど、私服風衣装によくあるパターンで5人それぞれデザインがばらばらなの。お揃いのスーツとかもアイドルっぽくて好きだけど、丈の短いパンツが似合う人、だぼっとしたシルエットが似合う人、とかメンバーの個性に合わせてあるやつが個人的には好きだ。見てて飽きない。
  • 7の新曲も失恋ソングっぽい。全員が今年20歳を迎えるということもあってか、しっとり大人っぽいナンバー。ドームの真ん中に座ってアコギ弾く圭人くんがかっこよくて惚れた。MCで『Just for you』ってかっこよく言って! ってせがまれてすげえドヤった発音する圭人くんw
  • 衣装はBOUNCEのストリートっぽいやつもメンバーの個性が表れてて、スクランブルと似たような理屈で好み。
  • 直前がえびゾンコーナーでちょっとお休みできたとはいえ、終盤にBOUNCE〜Beat Line〜ありせか って体力の消耗ハンパないと思う……。でも気が引き締まって目が離せなくなるからこういうセトリは嬉しい。
  • JUMPバンドの編成は、Sax山田/Gt岡本・薮(・小川)/B八乙女/Dr中島/Key伊野尾/Org知念/Perc有岡・高木(/Tp石田)。わたし過去のJUMPコンを映像でも見たことがないので不勉強で申し訳ないのですが、全員が楽器を持つってもしかして珍しいのね? 高木くんの若干たどたどしいスティック捌きがかわいい。知念くんのオルガンは妙にアクロバティック。そしてウィンドチャイム鳴らす有岡くんがただの天使。


「みんなが楽しいと俺たちも楽しいよ! 一緒に楽しもうぜ!」っていうメンバーの素直な思いが伝わってくる、温かくて楽しいコンサートでした。テーマパークでたっぷり遊んで帰ってきた気持ち。

*1:スーパージャンピングシートの案内ハガキは届いてたけど、他担・ド新規・ぼっちの三重苦でアリーナは無理があった……

*2:ジャニワ感謝祭でもやってたので。わたしが見た日はまず風磨が塚ちゃんをおんぶして、途中で入れ替わってた

*3:この事実をもうちょっとでかでかと掲示するなり大声で案内するなりしてほしかった……。何が起こっているのか、中に入って実際に潰された座席を見るまで理解できなかった。振り替えの受付に並んでる間に安井・萩谷・森田による前座トークが進行しており、ほとんど見られなかったのでちょっとだけ恨んでいます。もちろんもう少し早く着いてりゃよかっただけの話なんだけど